学食トレイ広告

学食内での広報ツールをご紹介をします

学食は食事をするだけでなく、自習やサークルの打ち合わせでも使われる場所です。 暇な時間を持て余している学生も集まっているので、広告を見てもらいやすい環境です。 弊社は食堂内に「学食トレイ」「卓上POP」「デジタルサイネージ」という3つのメディアを用意しているので、これらを活用して学生への興味喚起、認知を促していきます。

A4サイズのステッカー を貼り付けます。

学食トレイ広告

三角柱タイプの什器を 使用します。

卓上三角POP広告

学食や購買に設置された TVです。

デジタルサイネージ

学食内ブランディング施策でのリピート率NO1

学食トレイ広告

大学別、食堂別に限定しての掲載が可能
大学は広大な敷地の中に、各学部の教室棟、研究棟、図書館、大学事務棟、部室棟など様々な施設があります。 同様に学食が複数あり、場所によって理系の学生がよく使う学食、文系の学生がよく使う学食、理系文系どちらの学生も使う学食がある等、利用者層も様々です。 その特性を活用して、クライアント様のご要望にあわせた掲載方法、例えば理系の学食だけに限定した掲載ということも可能です。

実施可能大学例

北海道大学・東北大学・東京大学・東京工業大学・名古屋大学・大阪大学・九州大学など全国57大学

学食内で強制的に視認させ、興味喚起を誘発
各大学で行った弊社アンケートによるとその認知度は95%。 食事中の話題になりやすく、その場でスマートフォンで検索する学生もいれば、その広告内容について話している学生もいます。 また学食はサークルの集まりや休憩、勉強など、多目的に活用しており滞在率が高いため、印象にも残りやすいです。

学食で列に並んでいる時、食事をしている時、毎日の何気ない時にトレイの広告が目に入るので、今まで知らなかった企業などを知るきっかけになりました!

[東京大学Kさん]

Copyright 2017 Sciseed